blog index

Magical Visions

フォーチュンテラーのイロイロ
ヤッテなおとんの人生卒業式(前奏)

みなさん

ものすんごくご無沙汰しております桂榊です。

 

ブログの書き込みに今気がついて

お返事差し上げました。

心当たりの方は覗いてくださいね。

 

ちゃんとチェックしたけど

お返事なかったって方は再度

書き込みしていただけましたら

お返事しますので!

 

お手数おかけしますが

よろしくお願いします!

 

 

 

さて本編。

 

 

 

 

 

やっと心の整理がついたというか、

そろそろ書きどきかなぁと思いまして

去年起こった一番おっきいイベント

お父さんの死について

綴らせて頂ければなぁと思います。

 

 

 

話題が話題で恐縮なんですけど

 

お涙頂戴 

心が辛い

苦しいをドバドバ吐露する

私の思いに共感して頂戴系

 

ではなく。。。。

 

(まず、それはしないって読んでくれてる方はわかってるとは思うけどw)

 

 

こういうお別れもあるんだ〜!

 

と、思える感じで

 

私なりの表現で

書き進んでいきますので

かなり長い文章になるかもですが

お手すきおヒマな皆様どうぞ

お付き合いいただければなと思います。

 

 

 

 

 

父は去年の12月に天に帰ってしまったのですが

 

 

私たち家族はこんなあっという間に

さっさと天に帰っちゃうとは思っていなく

まーったく準備が出来てない状態で

 

おとん様は

いつも通りのワンマン進行で

天へと旅立ってしまいました。

 

 

父の死へのイントロダクションは

それはそれは、不思議な事の積み重ねで

私も家族も超絶びっくりの

終わりよければ全て良し状態の

天の采配に溢れたものでした。

 

私たち世代がこれから通らなきゃいけない

親の他界と云うテーマと

どう向き合っていくか?

 

それをスピリチュアリティを踏まえて

書かせていただければ、

 

皆さんの「その時」に

ちょっとばかりお役に立てるかなぁと

少々思っております。

 

 

 

 

それでは

少しばかり長く

少しだけ切ない感じの「前奏」

始まりはじまり。。。。

 

 

 

 

*********

 

 

 

父の病は母の言葉を借りるなら

「現代の流行り病」だそうで

 

治らない貧血と腰痛から

通院した結果、流行り病は大腸に発見されました。

 

80歳オーバーの父でしたが

お医者さんから大丈夫だろうという事で

一昨年に手術。

 

ありがたいことに、上行結腸(大腸の最初の部分)部位だったので

この手の手術でよく聞く人工肛門をつけざる状態は回避できました。

 

 

しかし1年後、転移発覚。

 

 

前回は手術できましたが今回は年が年だけに

手術ではなく薬でなんとかしようという事で

投薬を試みましたが合う薬が全くなく

(むしろ父の命をマイナスにする感じで)

 

主治医さんと話し合った結果

このまま見守ろうということに

なったのでした。

 

 

 

私は言霊を信じる系なので

あえて父の病名を

「現在の流行り病」で書いていきますが、

 

この「現代の流行り病」が直接の死因に

なる訳ではないそうです。

 

 

父の場合は大腸にそれが出来たのですが、

死因は「出血多量による死」のような感じです。

(まぁ元凶は流行り病なんですが)

 

流行り病の部分から出血してそうなるようで

父の最後の方は輸血で命を紡いでいました。

 

 

父がこの流行り病にかかってから色々調べたのですが

大腸の場合は他の部位に比べて死にゆく際の苦しみが

幾分か楽の部類にあるとのことでした。

徐々に出血していき、血液が失われることで

緩やかに意識を失い窒息していく。。。という感じです。

 

 

肺の場合は溺れるような感じでそれはそれは辛く

脳の場合は幻覚が伴うこともあるそうで

 

そういう部分では父はまだ

良かった方なのかもしれないと

少し腹をくくりました。

 

 

 

父の転移が発覚した時

母は今後の病の進行状況を

一切父に告げないことにしました。

 

流行り病が再発したことは

父は知ってましたが

どういう状態で蝕まれているのかを

知ることなく最後まで行きました。

 

 

 

膀胱に土筆のように生えてくる

流行り病を取り除く

簡単な手術を受けた後くらいに

 

今まで自分を省み見ず、我が道を進み

自分が正しいことをしていると

疑うことなどしない父が

 

「今まで自分は(人生において)

何をしていたんだろう。。。」と

 

父ではない素の表情で

まずそんな事いうはずもないあの父が

 

今まで私が見たことがない表情で

独り言のように私に語りかけてきました。

 

 

そんなこと一度もなかったので

言われた私が驚きでしたが

 

 

兄も私も普通の人として

人として当たり前に育ててもらったことを

本当に感謝している。

 

私は、いつもの口調で

あえて、そっけなく伝えました。

 

 

 

ただとっさに最後。

「私はもう覚悟ができてるから」と

言葉を付け足したのだけ覚えています。

 

 

 

 

 

秋の終わりに

「生きてるのが不思議なくらいの状態である」

という事を母はお医者さまから聞かされました。

 

年内もつかどうか。。。というお話でしたが

 

父は相変わらずで

不調はやはりそのままですが

たまに辛そうだったそうだけど

 

本当にそのまんま

そのまんま状態でした。

 

 

 

貧血がかなり酷くなり

顔色もほぼ白に近い状態で

ちょっと動くだけで息が上がり

階段を上がれない位になりましたが

 

輸血でなんとか状態を保ち

 

それでも家に居続け

止められてた原付バイクでで散髪に赴き

なんとか頑張ってましたが

 

ある時、限界を感じ

自ら入院する旨を伝えてきたそうです。

 

 

 

父はもし、万が一自分が死んだ時のために

用立てたもの一式を母に手渡して家を出ました。

 

その時点での父の、そして私たち家族の感覚は

多分病院でちゃんと点滴と栄養のケアを受けて2週間くらいしたら

状態を回復してまたうちで数日過ごせるだろう。。。

来年はどうなるかわからないし

最後の正月になるかもだねぇ。。。。

 

そんな感じでして。

 

実に本当にこの人が後2週間後に死ぬとか思えないくらいの

雰囲気だったんです。

 

私の感覚も、父の旅路までの時間は今から2年ほどあるだろう。。。。

そう告げていました。

 

 

 

暴走し異常繁殖した細胞が、

生命エネルギーをゴクゴクと飲み干すかのごとくに

あの流行り病の末期の大半は

本当に骨と皮だけになっていくということを

私は知っていたので

 

痩せ衰え

あの強い大きな面影の父が消えたとしても

どんな、形になろうと父は父だから

 

目を背けずに

私は最後まで着きそおうって腹をくくっていました。

 

 

 

父が入院して最初の週に

私は様子を見るために

実家に帰ることになっていたのですが

東京のとある神社にお参り後、

急な腹痛でと嘔吐で動けなくなり

次の日に寝込んで動けなくなりました。

 

これはノロっぽいかも、、、

本当に苦しくて死にそうだったのだけど

次の日に病院へ。

 

 

ウィルス性の胃腸炎ということが分かり、

数日で回復すると医者から伝えられました。

 

ううう、、無念。。

こんな時に何やってるの私。。。

 

と、ちょっと悲しくなったのですが、

その神社で買った手首に巻く糸で編んだお守りだけを

実家にとりあえず送り

自身の体調の回復に努めていました。

 

 

次の週にかなり状態が落ち着いたところで、

母が「父の入院中にやっぱり一回帰っこれないか?」と

改めて連絡があり

 

日曜に仕事があるから土曜までしか滞在できないけど

まぁ3日帰れるならいいのかも。。。と、

 

病み明けの体調を押して奈良の実家に赴いたのでした。

 

 

父、人生の卒業式まであと4日。。。

 

 

(続く)

 

 

 

 

 

 

 

| 桂榊 | プライベートなハナシ | 00:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
祈り旅。。。

みなさんこんにちは桂榊です。

超〜更新スローペースになってしまってごめんなさい。

やっと昨年亡くなった父の事のウルトラスーパーあれやこれやが

収束してきたのでそろそろこっちも動かしていければなとおもっております。

 

 

次は父が天に帰るにあたり起こった沢山の奇跡のお話になるかなーと。

重たそうですけど、いつも通りの感じで書かせいただければなと。

 

ちょっこり楽しみにしておいてくださいね。

 

 

さて閑話休題!

 

皆様ゴールデンウイークいかがお過ごしでしたでしょうか?

私は3日、お誘いがあったので江ノ島弁財天へ行って来ました。

ものすごい人、人、人、で、もう意識とびそうな感じでしたが

久々に江ノ島の女神にお会い出来て幸せでした。

 

 

 

ブログではあまり取り扱わなくなってしまいましたが、

ツインレイに関わる事についてのワークはまだ断行中で

お誘いを受けた江ノ島の方でも、魂の片割れの事で悩み

苦しむ人たちの救済をお願いして参りました。

 

 

 

なぜかこの問題について、水の女神の協力を戴いていて

本当に有り難い事なのですが、

万全の状態でサポートしてくださっているようです。

 

もし御悩みの方がいたら

近くの弁天様に助けを乞うてみてくださいね。

(レイ以外でも恋愛がらみなら大丈夫だとおもいますよ!)

 

 

偽善者的な発言になっちゃうかもですが、

私はどんな恋愛もハッピーエンドになってほしいと

願っております。

 

来世に引きずらず、出来る事は今生で。

次の機会も笑顔で出会える様にって

ほんと願ってます。

 

 

これは神様や仏様も一緒で

やっぱり、人類の究極の答えなんじゃないかなぁと。

少々思ったりです。

 

やっぱり世界の平和の鍵は

女性が握ってるのかなぁと。

そのあたりもまた深く瞑想して

色々と散策してみたいと思っております。

 

 

それでは!黄金週間あと1日

すてきな週末を御過ごしくださいね!

 

 

 

 

 

 

 

 

| 桂榊 | プライベートなハナシ | 21:31 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2017年の数秘術 掲載めっちゃおくれてます。。。

喪中ですので新年の挨拶は控えさせていただきつつ

みなさまご無沙汰しております桂榊です。

 

去年の師走は週の最初に急性胃腸炎でダウンしてしまい

帰る予定の実家に帰れず、頑張って時間を作りその次の

週に実家に三日間だけ帰る予定だった筈が

 

 

父の急逝でそのまま関西滞在。。

 

 

遠方に住んでいるので親の死に目には

逢えないものだと覚悟はしておりましたが

父の最後の最後までしっかり見届ける事が

できました。

 

 

そんなかんなでいつも来年の執筆にあてている

12月がどかんと削られ

同時進行の行っているご予約いただいた

「年珠」の制作が重なり

 

 

どーやっても1月は2017年の数秘術を

書き進む事が出来ないと断念しました。。。

 

 

ほんと皆様からいつも御期待いただいている

ものなので(><)わたしもとっても辛い。。。

 

合間を縫いつつなるべく早めに仕上げる予定では

ありますので、みなさま気長に待っていただけれ

ばとおもっております。

 

 

今の所2月15日くらいの更新を予定しております。

 

 

黎明の一年。

 

早く書き綴りたいなと切々。

 

 

もう少しお待ちいただければ幸いです。

 

 

 

あと、去年はいろんな「死」が周囲に

溢れていた一年で。

そのあたりもまとめて書き綴れればと

 

おもっております。

 

 

| 桂榊 | お仕事なハナシ | 22:01 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
愛について。

みなさんこんにちは桂榊です。

なんとなーく皆さんとシェアしたくて

また筆をとりました。

 

 

 

 

 

ちょっとこっぱずかしくもあり

また、私のブログの裏テーマでもある

 

 

「愛」についての気づきです。

 

 

ツインレイや魂的に導かれた関係は

この「愛」というものが

当たり前のように互いに流れていて

 

愛を理解する全ての行程を

ショートカットして

響きあえてしまうのだけど

 

 

 

この「愛」というものは

まったくもって特別なものではなく

どんな形でも響き合えば

 

 

簡単に世界に表れ

溢れてくるもの

 

 

 

なんだなーと、思います。

 

 

 

 

この愛のエネルギーは

 

 

運命的な関係も

そうではない関係も

 

 

結びつける強い力を秘めています。

 

 

これこそが、本来の愛の作用なのかしらと

思う事も多々です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

宇宙に普く存在する「愛」には

本来、型はないのだと思います。

 

 

 

時に私たちを潤し

時に私たちを狂わせますが

 

 

 

愛し続けなければ

愛が証明されないのかしらと

 

 

 

 

わたし、ちょっと勘違いしておりました。

 

 

 

 

愛を証明する為の努力で

自分が壊れるというのは

 

 

 

 

本末転倒で

 

 

愛のテンションやエネルギーを持続するのは

本来一人では非常に困難なんです。

 

 

 

 

愛は私たちの行う「呼吸」と同じで

 

 

息継ぎしないと苦しくなり

酸欠になってしまう訳で。

 

 

「愛し合う」というのは

 

 

互いに同じテンションやリズム

波長で愛を奏で合う事以上に

 

 

 

 

相手が頑張り過ぎて

 

 

 

闇の中や

心の隙間で

 

愛の呼吸を整えてる最中

 

 

自分は

 

二人で築いた波動を保つ役割が

与えられているのかなぁと

 

 

 

思ったのですね。

 

 

 

 

 

要は

 

 

愛をがんばらなくてもいい。

 

っていう感じで。

 

 

 

 

ふっとニュートラルに

メランコリックになって

 

 

落ち込んでも

それはそれでいいのかもしれないと

 

 

 

そういう悟りでした。

 

 

 

元来、スピリチュアルな世界では

ネガティブは良い未来を引き寄せない。

という印象が強い訳ですが。

 

 

 

頑張り過ぎた自分のバランス調整の為

あえて自分の心の洞窟に入っていく事も

 

 

時には必要かなぁと。。。。

 

 

 

ただし、闇に墜ちるのではなく

 

ハシゴと命綱をちゃんと携えて。

 

 

 

光の世界に戻る事前提での闇下りです。

 

 

 

光過ぎて見えなかった物が

闇に入り見える事もあるだろうし。

 

 

 

闇に下り

 

 

よくよくみたら

 

 

自分が美弱にも

光り輝いている事に気がつければ

 

それは本当に幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

最愛の人や世界と

愛を奏で合う前に

 

 

自分の光を「知る」と

もっともっと「自分を愛せる」ように

なるのではないかな

 

 

 

と、思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少し話しをズラします。

いや、かなりズラします。

 

 

愛は愛でも家族愛についてです。

 

 

 

 

 

 

 

私は昔から本当に孤独でした。

何故だか本当に孤独でした。

 

 

 

親には、贅沢ではありませんでしたが

所謂普通の生活をさせて頂いておりますたけど

 

 

何故か孤独の中で暮らしていました。

 

 

 

 

 

多分、親は親なりの感覚で

私を愛してくれていたと

思うのですが。

 

親という存在からの愛が解らず。

その言動と行動に

 

ただ、恐怖のみを覚えました。

 

 

 

 

私の事を理解してくれようとしない

親の態度と言葉と行動。

 

 

母は特に 

愛されたい願望が強く。

 

私を放っておき

回りの人を大切にして

周囲から愛される事に没頭してました。

 

 

 

父は幼少期の経験から

私たちが求め、感じる

愛するという概念が機能せず。

 

家庭を守るだけに特化した

感情の見えないそんな人でした。

 

 

 

 

現代では母親という役割を

途中放棄してしまう人も多く

 

まぁ。。。本当に悲しいかな

一部、そういう時代になってしまっている

訳なのですけども。

 

 

 

 

親が一番に守るべきは

話をきいてあげるべきは

向かい合ってあげるべきは

 

 

子どもだと思うのですね。

 

 

最後まで子どもの味方にいてあげる事や

本当にこどもにとって良い事を

 

体をはって体現することだとおもうし

 

 

 

 

子どもが頑張ってるのを

けなしたり罵倒したり

 

おどしたりするのは

やはり違うと

 

 

私は思うのです。

 

 

 

 

特に、

 

腕力や、涙で脅すのは良く無い。

 

 

 

 

罪悪感で子どもを言う通りに動かすのは

ほんと、だめだなーと

思ったりします。

 

 

 

 

ちょっと前に、恥ずかしながら

80歳近い母と大げんかしまして。

 

 

 

 

 

本当に絶望したんですね。

まぁカウンセリングしてますから

大体はのらりくらりかわしてたのですけど

 

 

プライベートで色々あった時

タイミング悪く母のネガティブ攻撃を受け。

ほーんとにめずらしくパニックになり

 

 

 

 

私が止ってしまいました。

 

 

 

 

母を受け入れなければ

私は一生この人に愛されない。

 

 

パニックになりながらも

初めて、私はそれにNOと言えたようで。

 

 

私は母が施した負の呪縛から

開放された気がしました。

 

 

 

 

 

事実、その後

全てが上手く纏まり

 

 

初めて、母から謝罪されました。

 

 

 

今まで自分が悪いなどと

いわなかった人が

悪かったと。

私に謝りました。

 

 

 

 

未だに私は母に感謝はしていますが

愛情を見いだせません。

 

 

 

 

本当に残念なのですが

今はそれでいいのだと思います。

 

 

 

 

愛情を見いだすのに努力をしすぎると

心の息が出来なくなって壊れてしまうのを

 

 

この年になって漸く学びましたから。

 

 

 

 

愛を感じない人に

精神的援助を求めるのは

不毛なのかもしれない。

 

 

 

 

親だから

無条件に愛してくれるはずだったけど

味方でいてほしかったのだけど。

 

 

だけど、あなたが親に

それを感じないなら

 

 

私がそうであったように

 

 

それはそれで無理に

愛を見いだそうとせず。

 

 

親以外から与えられた沢山の愛で

めいいっぱい深呼吸をして

 

少し調子を整えるのも

いいのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

今日、少し遠出をして

 

 

古い時代から存在する沼地がある森へと

足を運んだのですが

 

 

 

急に久々に孤独の波に飲み込まれ

台風の影響でざわめく強い風の中

 

 

また少し心が止ってしまいました。

 

 

 

 

 

愛されたいけど愛されない。

無条件で愛されたい。

 

 

愛されたかった。

 

 

 

叶わなかった思い

 

 

 

絶望と孤独 

 

 

 

 

そうだ私は孤独だった。。。

 

 

 

 

開いた闇の祠にはしごを下ろし

深く深く下る。

 

 

下っていったその闇の底に私は

とても懐かしい

ピンクのガーベラの花束を見つけました。

 

 

 

 

その花束は大昔、

友人が誕生日にプレゼントしてくれたもので

 

 

その子に一度だけ

私の孤独をぶつけた事があります。

 

 

その子だけが、ずっとそばにいてあげるよと

言ってくれた唯一の人でした。

 

 

 

 

今まですっかり忘れてました。

闇の中でガーベラを見つけるまでは。

 

闇の中のガーベラはあのときのまま

彼女の愛を体現していました。

 

 

 

 

その子とは学校が離れてから

音信不通ですけども

 

 

 

彼女のくれた花束は

ずっと私の闇の中にあり。

すっと、側にありました。

 

 

 

 

 

この仕事に就く事になり

自分の中から光を見いだせる様に

なった私でも

 

時折、闇に下ります。

 

 

 

でもね、闇を照らす灯りを

ちゃんと持って下るから

 

 

私は孤独ではなかった事を

今日、証明する事ができたんです。

 

 

 

そして闇の中に「愛」を見つけました。

 

 

 

 

私はガーベラをくれた友人の

「あなたの孤独に応える」という

愛に救われました。

 

 

あんなに大好きだったピンクのガーベラを

部屋に飾らなくなったのは

 

もしかしたらずっと枯れずに私の中に

あったからかもしれません。

 

 

 

 

 

さざめく心の波を止めてくれた思い出。

思いだせて良かった。

 

 

 

こういう愛もあります。

 

 

 

本当に有り難い気付きでした。

 

 

 

 

 

もっともっと、いろんな愛があると思います。

私の気付いたのはほんの一部ですが、

 

みなさんの何かの閃きと気付きに

役立ちます様に。

 

 

 

明日は乙女座の新月であり日蝕。

新しい変容が暗闇に隠された

愛を見つける手がかりになりますように。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 桂榊 | メッセージ | 00:22 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
スピみくじのアプリ化を。。。

みなさんものすごくご無沙汰してしまいました(><)

 

今、急ピッチでスピみくじのアプリの方を進めてまして

なーんとか年内には間にあわせたいなーと思っております。

 

 

スピみくじを少しだけ書き足して

あとは別口のオラクルメッセージと組み合わせる予定で。

 

 

様は一回スピみくじを引くと2つの組み合わさったメッセージが

仕上がるという感じですねー。

 

こうする事でよりメッセージに深みが増し

みなさんのハートに届きやすくなるんじゃないかなーと

試行錯誤中でございます。

 

 

現在WEBで公開しているスピみくじは言葉を限りなく少なくして

フィーリングが伝わる様にしているのですが、

アプリとなるとやはり解りやすさも大事かなぁと思っちゃうので

 

あとはスピリチュアルな用語を知らない人にも楽しんで頂ける様

配慮もしなきゃなーと思ったりです。

 

知らない人の為に

スピみくじはこちらから引けます。

 

 

これ私も頻繁に使っておりまして(^^;;

 

困ったときのなんとか頼み的な感じで

とても重宝しております。。。w

 

 

ちょっと形が見えて来たかなぁ。。。

いろんなひとの心の癒しと導きに繋がる様に

 

もうちょっと頑張りマッス!!

 

 

 

 

| 桂榊 | お仕事なハナシ | 20:18 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

bolg index このページの先頭へ