blog index

Magical Visions

フォーチュンテラーのイロイロ
桂ツアーズ!! 大和三山とヤタガラスの旅6 まるっと繋がる大団円の巻

いっつも更新ギリギリで申し訳ないです。

 

有言通り2019年に終わらせたから

とりあえずはヨシ!としたいところ。。。

 

 

さて、最後のどんでん返し。

最後まで駆け抜けましょう!!

 

 

 

 

しかさんを無事、高天彦神社にお連れして

さーさんを醸すの大神、高鴨神社にお連れ出来た。

 

 

 

さーさんは本当に酵母や菌たちに愛されている。

そりゃそうだ。すごく心を込めて扱ってるし

 

それこそ、目に見えないけど確実に存在する

マクロな世界をしっかり意識して

この現代を生きている。

 

 

さーさんも2019年は転機の一年で

この3月の旅の後、かねてより学んでいた

アーユルヴェーダのお勉強を完了させ

トリートメントを開始すると同時に

 

私とさーさんの出会いの場所であった

オハナカフェのあった場所で

素敵なスペースを作りあげた。

オハナの階ではなく

ちょっと上の階になったけど。

洗練されたエッセンスだけが

残ったスペース、、というか、

さーさんのしたいことが

洗練された場所って感じに

なっていた。

 

 

オハナカフェという場所は

なんというか今から振り返れば

ごった煮の状態の場所で

 

自らの正当性を形や思想、アートに

転嫁して表現して主張したりして

あれやこれやとやらかしていた。

 

もうちょっと雑に言えば

そこに集っていた人は皆

さーさんに甘えていたのだ。

 

 

さーさんは懐がでかい。

 

 

でも、単なるお人好しではなく

信頼関係の境界線を土足で越えようと

するものにはしっかりと対処する。

 

 

そんなさーさんに、私たちは十二年前

多めに見てもらいながら

人間の脆さやあやうさを

学ばせていただいてたのかなと

思うのでした。

 

 

高鴨にお連れできて

少しでも恩返しできてればいいなぁ。。。

と思いつつ。

 

 

私たちは高鴨神社を後にしました。

 

 

 

 

 

 

車に戻って、とりあえずミッションコンプリート。

ほっとひと安心してましたらば、、、

お時間が結構余っていることに気がついた3人。

 

 

 

 

 

あ、これは、、、

スキップした畝傍山(橿原神宮)

 

いけるんでねーの?????????

 

速攻カーナビで時間をだすと、

最短で30分ほど

 

 

 

 

わーーーーーーーーー!!!!!

 

 

これは、イケル!!!

(しかも車組の帰り道!)

3人のテンションバク上げ。

 

奈良の道をすぱーっとレンタカーが

駆け抜けて

 

 

 

 

 

 

 

到着!!!!

しかも人がいないwwwwww

 

 

 

 

 

橿原神宮。

 

 

 

ここは実は、先ほどの高鴨神社のあたりから

お祭りされてます神武天皇が辿り着いた

場所なんですね。

 

 

それを導いたのは「八咫烏」

 

ここでやっとタイトルを

補完するわけですけどw

 

 

 

私たちは大和三山廻りに

神武天皇の遠征ルートを

合わせた流れを

どうやら旅していた

ようでした。

 

 

奇しくも

 

今年は新たな天皇が

即位されました

喜ばしい年。

 

 

 

 

そんな中。

初代天皇の、歩まれた道のりを

少しだけなぞらせてもらえて

 

うわわぁ〜って。

 

 

きっとしかさんも

さーさんも

 

うわわ〜〜って

 

なってるに違いないと

思ったのです。

 

 

私が啓示を受けたときから

ずーっと、ヤタガラスが

この度の導線を

保っていてくれたのかなぁ。

 

 

 

無事橿原神宮に到着してお参りを

済ませた後。

 

二人は車で宿の奈良へ

私は電車で実家に帰りましたが

 

 

多分これが終わりじゃなくて

始まりだったんだろうなぁ。

 

 

振り返ってみると

まだ旅は続いている??

 

 

そんな感じがしますw

 

 

多分また3人で、お礼参も兼ねて

奈良には行くと思いますので

また不思議なことがあったら

 

こちらでシェアしたいなと思います。

 

 

 

 

というわけで

桂ツアーズはこれにて終了!!

 

いや、一区切りかw

 

 

又のお越しをお待ち申し上げております!

 

 

 

*おまけ*

 

虹の扇 きっと多次元の可能性を

開いてくれるのではないかなーと。

 

月の石だけにツキがありますように〜!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 桂榊 | プライベートなハナシ | 19:21 | comments(0) | - | pookmark |
桂ツアーズ!大和三山とヤタガラスの旅5 天はなんでもお見通。。。

みなさま、こんにちは桂榊です。

ギリギリ11月の更新に間に合いましたっ(><)

12月にもう一度更新して旅のお話はおしまいにしようかなと

おもっております。

 

次は長いお話をちょっとお休みして、ちょっとした気付きを

シェアするようなことを綴れたらなぁと。

 

それでは続きを始めたいなぁと思います。

 

(今回は写真ナシですごめんなさい!)

 

 

というわけで、皆様を高天彦神社へとお連れいたしました。

高天彦神社は車がないとちょっと難しい神社で、かつ、そんなに

メジャーな神社ではありません。

常駐する神主さんも無く、高鴨神社という神社が管理している

とても古い神社さんです。

 

 

私も、この仕事についてから急に縁が出た神社さんで

山を背に建つ社は、私の大好きな狭井神社を彷彿とさせます。

駐車場に車を止め杉の木が植えられた参道をまっすぐ歩き

いざ神社へ。

 

 

高天彦の神様〜。

4年越しでしかさんを連れてまいりました!!!

真摯な気持ちで3人でお参り。

 

 

その時に、なぜ神様が私を介して

しかさんをここに呼ばれたのかを

なんとなく理解しました。

 

 

しかさんのパートナーの片野先生は

とっても有名な治療家で

片野先生自身もたくさんの神社で

センスやメッセージを受け取り

自身の治療に取り入れられています。

 

 

私もそうなのですが、どうしても

噛み砕きにくいメッセージや

霊的なギフトというものがあり

 

「理解できない」故に

見落としたり必要がないと

判断してしまったりする事も

あるのですね。

 

 

パートナーというのは

 

相手の理解できないが

必要なものを噛み砕き

相手に注ぎ込むという

 

そんな役目も

あるのかもなぁと。

 

 

 

 

 

旅の道中で、しかさんから

いろんな話を聞いた。

 

 

 

他人が考案したものを

自分が作ったようにしている方。

 

お金のことしか頭になく

人を見た目だけで判断する場所。

 

売れることしか考えてなく

人の心を大事に扱わない人々。

 

 

さーさんと私は

本当に昔から

 

片野先生としかさんが一生懸命、

古代文字を使う事でどんな人でも

癒しを行使することが出来るということを

必要な人に伝わるよう努力し続けていたのを

知ってるので

 

その願いか叶い、いろんな人に

知識がシェア出来た今になって

現代社会の現実の根底にある

じっとりとした「欲望」が

神聖な意図にも躊躇なく

食い下がるのか、、と思うと

 

現代社会が抱えている負の病巣を

また1つ垣間見させていただけれたなと

感謝しつつ、、、心の中でため息1つ。

 

「魂の片割れ」を、綴らせていただいた時も

同じようなことがあったけど。

 

あの時、欲に走っていたら絶対に

今の私はいないし

何より私の神に嫌われてしまう。

 

内側の穢れは自分の問題だから。

それは誰かの所為には出来ないですし。

 

 

心の声に従うべき時に。

その心が穢れていたら。

 

そう思うと、ゾっとする。

 

だからこそなんですが

なるべく、そのような物事に関わらず

隙間をぬけて生きてきた私ですが、

世に立つ、出世するという方は

そういうものと時に対峙しなければ

いけないんだろうなぁと。。。

 

 

 

しかさんと片野先生は

二人で立ち向かってるんだな。

 

 

 

でも、神様ってやはり

くまなく見てらっしゃって

 

 

度が過ぎる嘘つきや盗人には

このようにチャンスや、機会、

ましては呼んでくれるなんて事

無いんだろうなぁって

思いました。

 

神様はきっとそんな二人を

応援したかったのかなぁ。

 

春の高天彦神社はとても優しく

生命力に満ちた場所でした。

 

 

 

 

お参りを終えた私たちは

その足で高鴨神社へ。

 

 

高鴨神社の御祭神は

迦毛之大御神

(かものおおかみ)

死した神をも蘇らせる御力を有する

稀有な神様です。

 

かもが鴨となったようですが

本来は「醸(かも」のようで

生命力が溢れ出るという

意味合いがあるようです。

 

不思議な地盤に鎮座し

神社が持つ独特の気とは違う

凛とした気に満ちた場所で

私も何度かこの神社で

不思議な経験を

させていただいております。

 

数年前に新しくなった綺麗な御社。

3人でここに来れたことに感謝を

いっぱいいたしました。

 

 

 

先ほどの神さまの「醸す」ですが。

 

微生物が発酵する意味でも使われる

言葉なのですが。。。

 

そうなんです、さーさんはEM菌の

アンバサダーのような方(笑)

 

ここでも偶然のシンクロで

きっと高鴨の神様は

さーさんにきてほしかったのでは

ないかなぁ??と

 

なんどか、さーさんには高鴨神社の

お話はさせていただいていたのですが

まさかご一緒できるとは?!

思ってもいませんでした。

 

ほ〜んと!!

あの時に、無理に運転手を

探さなくてよかったぁ、、、、!

 

みなさん、無理に問題を埋めなくても

霊的な流れに沿っているときは

絶対、最高のタイミングで必要な存在、

環境、物や者がやってきます。

 

不安や恐れで無理やりに

埋めないようにしましょうね!!

四次元、五次元的な解決を

目指していきましょう。

 

 

 

さて、このあと

ちょっとした運命のギフトが。

 

 

 

12月早めの更新を心がけます!

 

 

 

***************************

 

*旅のしおり*

 

高天彦神社

 

御所市高天原に在る神社。

奈良の天孫降臨地にあたります。

 

この裏側から金剛山へ登山できる道が

あったのですけど、大昔の台風の時に

通れなくなって今は開通してるのかなぁ。

 

この神社の奥の方の道を川沿いに歩くと

御不動様を祀った所があります。

少しだけ、京都の大原にしてるかなぁ。。。

 

御所駅まで出てバスを乗り継げばなんとかいけますが

車かタクシーが一番よいかなと。

 

https://www.city.gose.nara.jp/kankou/0000001390.html

 

 

高鴨神社

 

全ての「鴨」の名のつく神社の総本社と言われています。

この神社の横に御蕎麦屋さんがありますが、美味!美味!

無料のトイレもありますよ〜。

 

 

夏越しの祓いを中臣式で現代もされております。

旧暦でされてるので、7/7位なんですよね。

とにかく、ミステリアスな場所です。

 

http://www.takakamo.or.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 桂榊 | プライベートなハナシ | 17:47 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
桂ツアーズ!大和三山とヤタガラスの旅4 飛んで!高天原

続きがすごく遅くなりました申し訳ないです(><)

最近1つのシリーズを一年かけて書く流れになっております。

春の話書いてたのに秋になっちゃった(><)

 

それでは駆け足で春の続きをオープンセサミ

していこうと思います。

 

 

 

 

本当は大和三山の最後、畝傍山に行く予定でしたが

月の誕生石に見惚れた私たちは時間をざっくざく使い切り(苦笑)

泣く泣く畝傍山を諦め南の御所市にて向け旅立ちました。

 

 

 

 

 

の、その前に。まずは昼ごはん。

こちらは 御所市にあります「郵便名柄館」

築100年の郵便局をリノベーション。

郵便資料館とカフェを併設したオシャレ施設へと

生まれ変わったそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昔の郵便局の窓口や、奥の職員の仕事するスペースなども

そのまま生かした状態でちょっと面白いお部屋になっています。

 

 

 

駐車場があるのですが、場所が分かり辛く

悩むより聞いた方が早いとシカさんが颯爽と車をおり

資料館へ突入。

 

しかさんは「すいませーーーーん!」と店内に声をかけ続けましたが

しーーーん。

 

そこに人がいるのに返事がない。

あっれー??と、昔の郵便局の窓口越しにいる人に声を

かけ続けたんですが、

声かけてたのは実はカフェのお客さんw

 

 

慌てて置くから資料館のスタッフが出てきて

くれたそうですw

 

 

しかさん曰く

 

だって郵便局の窓口そのままだから〜

まちがえちゃったよぉおおおおw

 

 

あははwww

これは私も間違えそうだと

皆でクスクス笑っておりました。

 

 

 

 

さて併設のカフェ「Tegami Cafe」

お食事と喫茶が可能です。

 

 

この地域で取れた地産のお野菜をふんだんにつかった

テガミランチ!

 

 

 

結構ボリューミ!そして優しいお味!

お米がとにかく甘くって美味で、

それに合わせたおかずもバッチリの相性でした。

 

ここにミニデザートがついてくる感じなのですが

私はどーしてもここの有名パフェがたべてみたく

追加注文、、、、。

 

 

 

 

じゃーん! テガミパフェです!

多分イチゴの季節限定かもですが、

もうこのヴィジュアル!

食べずには、いられなかった(><)

 

アイスクリームにイチゴのソルベが。。。

お口が飽きないエンドレスもっきゅ案件です。

天国、、、天国、、、とおもいつつスプーンを

走らせまくっておりましたワタシ。

 

底の方にレモンのジュレが仕込んであるので

最後までサッパリ美味しくいただけました。

この時期に行かれる方は本当におすすめ!です。

 

 

そんなかんなで私たちは腹ごしらえをして、

私が神託を下された奈良の天孫降臨地

 

「高天原」へと車を走らせました。

 

 

 

 

 

そうなんですよ〜。

奈良にも高天原はあるんです。

 

しかもかなり歴史は古く

江戸時代の初めまで

この奈良の高天原こそが

天孫降臨地だという事に

なっていたそうなんですね。

 

 

高天原は御所市の中でも標高が

結構高い地域にあります。

 

大きな道からひょいと逸れて

ぐんぐんぐんぐん坂道を上ります。

 

 

 

けーっこう登るんですよ。

耳がピーンとする位です。

 

 

 

写真は撮れなかったのだけど

先ほどの白タンポポとは違い

山の中にはヤマユリ

そして山吹の花が

斜面をまさに正真正銘の

山吹色に染め上げていました。

 

 

 

そんな山を見つつ

私がこの時期に

ここを通ったことがないんだなぁって

 

あんだけ通ってるのにこの「春」だけは

なぜか来てなかったのかぁと

少々物思いにふけっておりました。

 

 

さぁ、そろそろ

ご神託を下された

 

天孫降臨地に座す神を

祭りまする社

 

高天彦神社です。

 

 

続く

 

 

 

*旅のしおり*

 

 

郵便名柄館

 

都会に負けないぐらいの可愛さと

美味しさを秘めたカワイイオシャレカフェ。

もちろん郵便局の資料館も併設してますので

懐かしい郵便局の思い出もふわっと出てくる

かなぁと思います。

(特に昭和生まれはw)

 

私が食べたパフェは季節限定の可能性ありなので

デザート食べいた方は事前に何があるか

カフェに問い合わせた方が無難かと思います。

 

電話予約もOKデス

フェイスブックページ有り

土日は予約無しは、かなり厳しいとのことです。

 

郵便名柄館(御所市hp)

https://www.city.gose.nara.jp/kankou/0000001521.html

 

 

| 桂榊 | 不思議なハナシ | 03:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
桂ツアーズ!大和三山とヤタガラスの旅3 月が生まれた石。

さて、お待たせしました。旅の続きです。

 

 

 

 

 

私たちは香具山を降り、香具山の麓にある天香山神社へ向かいました。

 

 

御祭神は櫛真智命神(くしまちのみことのかみ)

とても謎の多い神様で、鹿の骨を使う占いの神様でもあります。

前回、少しお話しした私のご先祖ですが、同じく鹿の骨を焼いて

占いをしていた一族なので、なにか深い縁を感じざる終えません。

 

 

 

 

そして境内にはちょっと不思議なものも、ちらほら。。。。

 

握りこぶし3個分くらいの石さんですが。

でも凛とした聖域の気配。

 

 

 

やっぱり、ここは磐座が生きているんだなぁって。

思わざるおえない雰囲気。

 

 

こちらでも感謝の祈りを捧げました。

 

 

さ〜て、これからが本番、

個人的な一番の旅の目的へと移動。

 

 

 

 

 

 

 

「月の誕生石」

 

 

 

 

 

すごくミステリアスな名前。

 

 

今回の旅が決まった時、

奈良をいろいろ調べていたら

パっと目についた

この名前でした。

 

 

どんな石なんだろう??

なんて思いつつ

結構な山の中を軽くアップダウン。

迷って竹林に突入したりもありましたが

なんとかその付近まで到着。

 

 

 

茂みの先を降りて行ったところに突如

 

それは現れました。

 

 

 

 

 

 

 

思ったよりデカかった。。。

一回り大きいワゴン車くらいって印象。

 

なにこれ〜〜〜??!!

突然の巨石に驚きを隠せない三人。

急にテンション高めになり記念撮影をパシャリw

先ほどから引き続き、またしても天香山にて

テンション上がりまくりの三人組でした。

 

 

 

ちょっとここで

月の誕生石の云われを軽く、紹介します。

 

 

月の誕生石とこの石が呼ばれる前

最初は人が持てるくらい大きさの

丸い石だったそうです。

 

 

それが時が経つにつれて徐々に大きくなり

人肌程度の暖かさを有し。

石の表面に白い線が現れるようになりました。

 

 

 

さらに石は大きくなり、まるで妊婦のお腹のように。。。

それを見た子供たちは「きっとこの石は赤ちゃんを産むに違いない!」と

皆で騒ぎ立て始めたそうです。

 

そんな折、夜更けに香具山から赤ちゃんの産声が。

子供たちはあわてて家をでますと。。。

 

なんとまぁ見事な満月が香具山から登っていたそうです。

 

 

次の日子供は石の前に駆けつけると

石はしぼみ、まるで出産を終えた女性ような形に

変化していたそうです。

 

石を女性に見立てた部位で、ちょうど胸に当たる場所に

赤ちゃんの足跡のようなものが、ぺたりぺたりと

残っていたそうな。。。。

 

 

という感じです。

 

 

本当に不思議な形状の巨石で

ちょっと今まで見た事がないタイプのものでした。

とにかく、形に力がある。そんな印象です。

 

 

ここに到着した時には空は曇天だったのだけど

ふわーっと、なにかが変わったなーって思った途端。

 

 

 

 

 

 

 

光が降りてきました。

 

 

 

 

 

 

そして石がキラキラ光輝きだしました。

 

 

 

 

 

よく見ると、石は白いキラキラした石で覆われていて

本当に見事に輝いておりました。

 

 

 

しかさんも呆然。私はうっとり。

 

そんな中、さーさんがぽつり、ぽつりと

語り始めたのでした。

 

 

 

「これは、宇宙船なのかもね。」と。

 

さーさんは感覚人間なので、きっとそこに

宇宙を見出したんじゃないかなーと。

それを聞いてた二人もなんだかすごく

その言葉がしっくりきて。

 

 

きっと、ここから宇宙に帰っていった

いろんな宇宙人がいるに違いないな〜って

ほんわか気分で佇んでいたのでした。

 

伝承にあった香具山に登った満月は

じつは巨大な宇宙船で。

宇宙人が石の中で

助けを待っていたのかも

なんて思ったり。

 

昨今ではエーテル体の宇宙船というものも

あるそうなので、もしかしたらその手の

感じのものだったのかもなぁ。。。と

今はちょっと思います。

 

 

 

月の誕生石の周りは、とにかく居心地が良くて

時間を忘れちゃうくらいでした。

でも、私たちには次の場所への移動が。。。。

本当にもっとい続けたかったけど

私たちは次の場所へと移動する事にしました。

 

 

ここで時間を取り過ぎてしまったので、

本当は行く予定だった畝傍山をスキップ。

 

 

 

 

私たちは一路、奈良の山奥方面へ

車を走らせるのでした。

 

そう、私に下されたご神託を遂行するために。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*天香山アクセス*

 

車の方は諸々大丈夫かと思います。

 

徒歩組はJR香具山から約20分とのことなんですが、

もしかしたら大和八木駅とかでレンタル自転車借りて

お気軽にいけるんじゃないかなーと。。。

自動販売機は駐車場くらいにしかないはず。

飲み物は必須です。

トイレも駐車場にあります。

 

お弁当持参で山頂で食べても美味しいかなー?と。

今度は1日香具山コース満喫したいところです。

 

自転車は今度ちょっと検証してみます。

お楽しみに。

 

 

香具山の周りにはコンビニ的なものはありませんが、

ミルク工房飛鳥という牧場が経営するミルクスタンドが

あります。

 

ここの牛乳やソフトクリームは美味しいのでオススメ!

珍しいお土産として、古代のチーズ「蘇」なんかも

取り扱いがあるようです食べた事ないけどw

http://www.asukamilk.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 桂榊 | 不思議なハナシ | 04:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
小休止*月食のあれこれ*

みなさんこんばんは桂榊です。

7/17日の早朝に山羊座の月食がありました。

 

 

今回の月食は結構ヘビーな印象があり

一晩明けた今日は日本の歴史に残る

とっても悲しい人災がありました。

 

 

私も様子見をしていたのですが

これは少し何かしないと、、、

 

と思いました。

 

月食のメッセージです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の月食は

人の闇を喰らい

様々な具現化を促します。

 

闇の中にあるのは「本当の思い」です。

闇の中に入れておくのは「見えるとまずい」からで

今回の食の影響が、心の闇の中にある本当の思いを

ずっと蓄え続けていた人ほと影響が如実にでる

そんな感じなのですね。

 

 

 

闇の中を見る、、、内観を心がけている方は

さほど怖く感じる事は無いと思います。

 

感知していた感情が、ただ「現れる」だけなので

むしろ清々しい方もいると思います。

 

 

 

ただ、闇を放置していた方々は

そうはいきません。

 

 

パニックを起こします。

 

 

 

 

 

パニックを起こすということは

「正常な判断ができなくなる」

ということです。

 

 

 

その方の「今まで」を

相手に求めると

さらにパニックが起こり

パニックの連鎖が起こります。

 

 

今から新月にかけて

賢いみなさんはどうぞ

いつも接している人に

「狂気」を感じたら

 

どうぞ一歩退いて

様子を見てあげてください。

 

 

 

 

手を差し伸べるのは

落ち着いてからで大丈夫です。

 

 

 

 

自分が「パニック」を起こしている

と、気がついたら

 

まずは全て吐き出しましょう。

 

 

 

 

 

 

叫ぶ、書きなぐる、不要な服を破る

呼吸も吐く息を意識して

全部吐き出していきます。

 

お腹の中の黒いものを

吐き出す気持ちで

呼吸を続けてください。

 

 

 

 

思い出す恐怖や

抑圧もすべて

 

勢いをつけて

吐き出しましょう。

 

断捨離も

とても良いと

思います。

 

 

 

 

 

 

ゲームや遊戯に「衝動」を

ぶつけてください。

 

決して人や動物

上下の関係性の相手

 

今は決して

憎悪対象にそのまま

ぶつけてはいけません。

 

憎悪対象は 

勢いでぶつかると

大抵は悪意となって

更に膨れ上がり

災いに転化します。

 

 

 

 

 

 

 

決して

 

決して

 

衝動を、悪意を

自分に

ぶつけないように。

 

 

この感覚は

もう少ししたら

収まります。

 

 

理性で衝動を

ゆっくりと

調整していきましょう。

 

 

 

 

 

メッセージは以上です。

 

 

 

 

 

 

みなさま

どうぞお気を確かに!

 

 

体が辛いなと思ったら

木々たちがエネルギーを

吸い取ってくれるので

 

少しばかり木にお願いしてから

触ったりハグしてみてください。

 

植木に触り

花を花瓶に生けて

この時期を過ごしてください。

 

 

 

 

 

 

水の吸い上げが多い花が

オススメでして。

私はいまユリばっかり

飾っています。

 

 

 

 

今回の月の暴走は

植物たちの加護で十分乗りこなせます。

 

 

植物を意識して

どうぞ賢く乗り過ごしてくださいませ。

 

 

 

 

 

メッセージは以上です。

みなさまに最善の加護がありますように!

 

月食の恩恵を受けとり

新しい世界を感謝で行きましょう!

 

 

 

桂榊でした!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 桂榊 | メッセージ | 00:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

bolg index このページの先頭へ